一般歯科小児歯科矯正歯科・小児矯正予防歯科入れ歯・義歯審美歯科訪問診療ホワイトニング
口腔外科・顎関節症・インプラント歯科検診・定期健診・噛み合せ治療・歯周病
ドライマウス・口臭治療・スポーツマウスガード・クリーニング

一般歯科

‘虫歯や歯周病をしっかり治療します’

通常、皆様が歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を「一般歯科」と考えていただいて良いと思います。
いつまでもご自身の歯でお食事を楽しめるよう、当院では悪い歯の早期発見、早期治療はもちろんのこと、患者様のお口の健康に努め、ご理解・ご協力を得ながら、かかりつけ歯科医として、信頼される歯科医療を目指していきたいと考えています

たとえば、歯茎がよく腫れる、血が出る、歯がぐらついてきたなど、歯周病の代表的な症状です。歯周病が怖いのは、痛みがなく進行するからなのです。痛みがなく、どんどんと歯茎の中の骨(歯槽骨)を溶かしていきます。そのままほおっておくと、重度歯周炎になり、歯を失うことになってしまいます。

日本人が歯を失う一番の原因は実は虫歯ではなくて歯周病です。
歯は失うと二度と取り戻すことはできません。大事な歯を守るため最善の歯科治療を行います。

一般歯科(親知らずの治療)

その親しらず、気になりませんか??

親知らずとは、前から数えて8番目の最後の歯のことを言います。永久歯が生え揃って20歳前後に生えてくることが多いのですが、歯ぐきの中に埋まってしまい出てこない場合もあります。

親しらずは生えるスペースが少なく歯ブラシが届きにくいため、虫歯になりやすい歯といえます。また親知らずが右下、左下の顎で横向きに生えている場合、手前(隣)の臼歯をおして歯列を悪くしたり、むし歯にさせてしまう場合もあるため、抜いた方が好ましいです。

ただ。親知らずは必ず抜かなければいけないということはありません。歯としての機能をあまり果たしていなく、お口にとってデメリットが多い場合には抜歯をすすめられることが多い歯ということになります。
しかし、最近では再生医療も進化してきて親しらずを移植することができる方法もでてきています。適応は、奥歯のみと制限はありますが、その時のために残しておくという選択肢もでてきています。

本医院でも、歯の状態を見て抜歯の必要性を確認して治療していきます。

一般歯科(欠けた歯の治療)

‘その欠けた歯がどんな影響を与えているかご存知ですか?’

歯はいろいろな原因でかけることがあります。たとえば、虫歯、歯ぎしり、外傷などによるものです。歯の掛け方歯が欠けて、違和感や痛みなどの症状がなくても、またどのように歯が欠けてしまった時でも、そのままでは、舌を傷つけたり、痛みが出たり、腫れたりするリスクがあり、それぞれの状態、程度に応じた治療方法がありますので、早急に治療をおこなうことをお勧めします。

・小さく欠けている
前歯が小さく欠けている程度であれば、レジン充填とよばれる白い詰め物を保険治療で治すことができます。
・中位に欠けている
前歯で中位に欠けている場合は、歯の全体に、金属のフレームの上にプラスチックを盛る被せ物を取り付けます。自費で行う場合はオールセラミック冠での治療が一般的です。
自費は保険治療に比べると費用は高くなりますが、安全性と審美性が高いものとなります。
・大きく欠けている
神経が生きている歯で大きく欠けた場合は、神経を残せれば、全体にクラウンを被せます。神経が露出してしまった場合は、歯の根の治療(根管治療)を実施します。
・破折している
歯の骨縁下まで広がる程、大きく欠けてしまった場合は歯の保存は難しく、抜歯となってしまいます。
抜歯後はそのままでは噛み合わせなどへの影響があるため、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの治療が必要となってきます。
・何かにぶつかり脱臼している
歯を生理食塩水、牛乳などにつけて、早急に治療にお越しください。脱臼した歯と健全な歯を再殖して、接着剤で固定する必要があります。この処置を早急におこなうことで歯を残せる可能性が高くなります。

審美歯科

もっと綺麗に、美しい歯へ

歯のクリーニング(PMTC) 歯の表面についた汚れや着色なら、クリーニングするだけできれいになります。このクリーニングをPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といいジェットポリッシャーという機械や回転ブラシなどを使って歯に水と研磨剤を吹きつけ、タバコのヤニなどの着色や汚れを落とす方法です。ブラッシングではなかなか取れない歯と歯茎の境目や歯の裏などの歯垢や歯石も取れるので、終わったあとは歯がツルツルになり、虫歯や歯周病の予防にもなります。半年に一度ぐらいで行うと効果的です。

銀歯については、保険治療で行えるため手軽な反面、ギラギラ目立ってしまうことがデメリットとしてあげられます。最近では保険診療でも、部位によってはCAD冠と呼ばれる白い被せ物が出来るようにはなったものの、食いしばりや歯ぎしりをされている方には適応外であることと、素材が非常に脆く割れやすいことと、取れやすいことがあり、銀歯を取り外して、白く透明感のあるセラミック素材(自費治療)に変えるメタルフリー治療も広まっています。

さらに、お口の中に銀歯が入っていると少しずつ金属イオンが溶けだしてしまって、銀歯が原因で金属アレルギーになってしまうリスクがあります。さらに銀歯はセラミックに比べて接着性が弱いため、虫歯菌が入り込むリスクが高く、エナメル質なども二次的な虫歯になってしまう可能性も高くなってしまいます。

本医院ではメタルフリー治療も行っております。ご相談ください。

インプラント

ハイレベルの安心安全なインプラントを

永久歯が抜けてしまうと、二度と歯は生え変わりません。 今までは歯が抜けると「入れ歯」を使用するか、ブリッジといわれる”かぶせ もの”をするのが通常の方法でした。しかし「入れ歯」だと、うまく噛めない、言葉がうまく発音できない、使用している間にガタついて違和感を感 じたりするなど、いろいろ不自由な場合がありました。
「インプラント治療」は耐久性、噛む力などにおいて、とても天然の歯に 近く、“第二の永久歯”とも言われている新しい治療法です。歯が抜けた後 の顎の骨に、人工歯根(インプラント材)のボルトを埋め込んで土台を作 り、その上に人工の歯をつけるという治療方法です。

入れ歯・義歯

合わない入れ歯に不快な重いをしていませんか?

入れ歯を入れているだけで歯ぐきに痛みや、食べ物などを噛んだ時に痛みを感じたり、入れ歯によって傷ができ口内炎になったりのトラブルはありませんか? 合わない入れ歯をそのままにしておくと残っている歯に影響を与えてしまいます。
残っている歯に負担がかかりそのまま失ってしまうというケースも。
入れ歯が合わない、すぐ落ちてくる、安定しないなどの悩みを感じていましたら、ご相談ください

矯正歯科

人生を美しい歯並び、噛み合わせと共に過ごしましょう

歯が不揃いだったり、上下の顎の歯並びがお互いに噛み合わない状態を、医学的には「不正咬合」と呼びます。 矯正歯科とは、これら の不正咬合をきちんと噛み合う状態、きれいな歯並びにする歯科治療です。
しかし、正常な咬合にするために、歯を削ったり、無理に抜いたりすることは、基本的にはありません。 専用の矯正装置を用いて、歯や顎の骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯並びと噛み合わせを時間をかけて治していきます。 不正咬合の主な症状は、出っ歯、受け口、開咬、乱ぐい歯、乳 歯反対咬合などがあります。

小児歯科

生まれたての歯を、守り抜く

「子供の歯はいずれ永久歯に生え変わるから、虫歯のまま放っておいても大丈夫」なんて思っていませんか?
子供の虫歯は、子供の将来の生活に大きく影響します。乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく関係しています。 乳歯はどうせ生え変わるものというのは間違いです。子供の正常な成長発 育には欠かせないものです。

訪問診療

最新の歯科治療をご自宅で受診

訪問歯科診療とは「歯科医院への通院が困難な方に対して、歯科医師がご自宅や各種施設へ歯の治療のためにお伺いすること」です。
高齢者診療の経験豊かな歯科医師、歯科衛生士が専門チームを組み、訪問先でも医院内と同等の治療ができる機材をお持ちして、診療にお伺いします。

口腔外科

アゴ、舌などお口のトラブルもしっかり治療します

口腔外科とは、顎骨の中に埋まっている親知らずの抜歯、口の中のできものの切除術などです。 しかし、外科だけを扱う科では決してありません。 顎・口腔には多種多様な病気が起こります。顎骨炎、骨髄炎、口内炎(難 治性も含む)、顎関節症、神経痛、癌(歯肉がん・舌がん)、口腔心身症 など、列挙すればきりがないほどです。
口腔外科という診療科は、このように顎・口腔に起こる様々な病気の診断を下し、治療をする科でもあります。

予防歯科

お口のトラブルは未然に防ぐことができます

虫歯や歯周病、歯列不正の成り立ちに関する情報をお伝えしながら、正しい歯磨きの指導に始まり、シーラント(歯の溝を塞ぐ)、フッ素の塗布・洗口などの虫歯予防を中心とした歯科治療です。
虫歯も、歯周病も、風邪やはしかなどと同じく細菌による感染症です。
しかし、自然に治るということはありませんが、予防法はある程度確立しています。 それは毎日のお掃除と定期的なプロフェッショナルクリーニングです。
当院では、担当医と協力して歯科衛生士が、患者様の状態にあったブラッシング指導と、クリーニングを行なっております。

PAGE TOP